読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

removo管理人ブログ

Removo.netの管理人のブログです。気になった健康情報などを発信しています!

梟がいる居酒屋

今日は小学校から仲の良かった地元の友達と飲んできましたヽ(´▽`)/

お店はタイトルにもあるように梟が出迎えてくれる居酒屋です。

お店で看板梟をしているじんべえは写真撮影OKだったのですが、ツンデレなのか中々お顔を向けてくれませんでした。(>_<)

カメラを向けるとフィっと顔を背けられてしまって悲しかったのですが、そんなところも可愛くて虜になってしまいました笑

写真は辛うじてまともに撮れた二枚です。

梟いいな~(*^^*)

f:id:chairsee:20170331014047p:plain

f:id:chairsee:20170331014057p:plain

 

朝から、やり場の無い怒りと格闘

朝から、バタバタと身支度をすませ、寝室のカーテンを開けていない事に気付いた。 窓の方に向かっている最中に… 突如、足に激痛が ベッドの引き出しが数ミリ開いていて、その数ミリに右足の小指がヒット 自分がキッチリ閉めていなかった事から、朝から、やり場の無い怒りと、小指の激痛に格闘する事に… なんで、小指をぶつけると、あんに痛いのかか? ・油断してる 気を抜いている時に不意に受けた衝撃の為、とてつもなく痛い。 今からぶつかって痛い思いをすると予め分かっていれば、ぶつけてもそれほど痛みを感じませんが、油断している時にぶつけるとかなりの痛みが生じる。 ・末端神経 身体には血管や神経が四方八方に広がっているが、その血管や神経も末端に行けば行くほど細かくなる。 そんな先端の細かい神経の部分をぶつけることで、とてつもない痛みを感じる。 ・圧力 小指は他の指と比べても小さく、そんな小さな部分に大きな負荷がかかることでとてつもない痛みが生じる。 あの痛みはこんな表現では言い表せないほど激しいものですが… しかし、よくよく考えてみると、どうして他の指じゃなく小指だけぶつけてしまうのでしょう? その答えは… 脳が足の小指の位置を正しく認識していないから… だそうだ。 しかも、歳を重ねる毎に認識力が低下するとか… あの激痛を回避するには、空間認識力を鍛えるしか無いのか 今も小指の痛みを感じながら、日記を書いている

ちょっと怖い話し 見えちゃう長女

長女は…
学生時代に色々ありまして…
信じては居なかったのですが…
知り合いの勧めもあり…
初めて 《霊能者》さんなる方に
逢いに行った事があります。


何も此方が詳しい事も話していないのに…

半信半疑の疑り深い思想まで
読まれていたのかも知れない…
のですが
見て頂くと…
当たる当たる…見事に…
何も話していないのに…


その霊能者の方、2人に娘をみて頂いた際に

《この子は、修行を詰めば私達のような力がある》と言われてしまった…
《こんな力は、ないなら無い方が幸せだし、
封じる事もできるが…今日のお祓いで声まで聞こえてしまうようになるかも知れない…》と
言われて 帰ってきた…。


その数日後…
バイト帰りの娘。
当事、高校生…は

大学生の彼氏に迎えに来て貰う約束の場所で
自転車で彼を待っていたそうです…

たまたまその時に…

いきなり、耳元で…《乗せてって》と
いう女性の、声のみが聞こえたそうです…

周りには 誰も居ないのに…


それから…パニくった娘は
なぜか彼氏との約束をスッカリ忘れ…
孟ダッシュで自転車で家に
帰って来た…

怖かった~~~~
と青い顔をして
帰ってきました


変態にでも追いかけられたのかと
思いきや…

さっきの話しをし…

自転車が …
ズシッと急に声を聞いた後に
重くなったと…


《え~何で帰ってきたん
連れて来たんじゃん…》

《しかも彼は~?》

「あっ!忘れてた~」

《あまりにビックリしたら
ママの事しか思い浮かばなかった~》

はっ?

私は 祓え無いし~
祓える力があるのは貴女でしょうに~


怖いから

やめてくれ~


でも…その後は、
何事も無く 何処かに行ってくれたようでした…

良かった


娘の話しは まだまだ沢山あるので
また後日にでも。

食肉偽装の余波

某スーパーにて、ブラジル産鶏肉が 使用されてる商品がことごとく 撤去されておりました。 丸美屋の麻婆豆腐の素とか、 冷食の白いナポリタンっていう パスタとか、そんなものに鶏肉 使ってたの??ってのが多くて 驚きでした。 このゴタゴタいつまで続くんですかね・・・

ディズニーランド

昨日は、娘達からのプレゼントで東京ディズニーランドへ。

遅くなったけど、お誕生日おめでとう。
2人とも、卒業して、進路も決まって。
ママのおかげだよ、ありがとう。
って、日曜日の夜に泊まりに来て、チケットを手渡されました。

ランド内での食べ物とかも、ほぼ娘達にご馳走になりました。
ココロもカラダもリフレッシュ!
ありがとう感謝しても仕切れない。
ものすごく楽しかった!!!

ずっとこんな幸せな日々が続いたらいいのに。
一緒に同じ家から出かけて、同じ家に帰ってくる喜び。当たり前のことができなくなって2年。ごめんね。

私はお仕事お休みもらってるのですが、娘達はそれぞれ予定があるようで。
お昼にはバイバイしなきゃだね。

また、1人の生活に戻らなきゃ。
娘達がお風呂入ってる間に、コレ書いてるのですが、、、涙が止まらない。